連続セミナー「タイポグラフィの世界」受付中です

10/15(土)13:30〜@阿佐ヶ谷美術専門学校
連続セミナー「タイポグラフィの世界」
第2回「文字を味わう」に登壇します!

 

読者が感じる「読み心地」の違いがどこから生まれるのか、
書体史研究家の小宮山博史先生とお話します。


さらに「写研フォント総選挙」と題して笑、
写植書体の現在について皆さんと考えてみたいと思っています。

 

文字好きの方、書体・組版に関わるお仕事をされている方、
文字を媒介として社会と関わろうとしている方が、
ちょっと楽しい気持ちになって
帰っていただけるような回になればと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

 


「本の雑誌」400号記念号「なんでもベスト10!」に寄稿しました

「本の雑誌」400号記念号の特集「なんでもベスト10!」。

「書店のトイレベスト10」とか、「新潮社社食のベスト10」に混じって、

恐れ多くも「本文書体ベスト10」を書かせていただきました。

創刊当時からある、本好きには馴染み深い書体ということで選んでいます。

良かったらご覧ください。

 

本の雑誌400号

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本の雑誌400号

posted with amazlet at 16.09.19

「type.center」その字にさせてよ【17】

文字だけの装丁を味わう連載「その字にさせてよ
第17回目を更新しました!
今回は深沢七郎のエッセイ集『言わなければよかったのに日記』(中公文庫)です。

ぜひごらんください!

 


「type.center」その字にさせてよ【16】

type.center】のコラム更新しました!

文字だけの装丁を味わう連載「その字にさせてよ」の第16回目。

今回は美とことばを見つめてきた知の巨人、

粟津則雄著『ピカソ 二十世紀美術断想』(生活の友社)です。

ぜひごらんください。


「type.center」その字にさせてよ【15】

「文字だけの装丁」をテーマに連載させていただいている

type.center】のコラム、

その字にさせてよ」早くも第15回目となりました!

今回は綿谷りささんの『憤死』(河出書房新社)です。

装丁は名久井直子さんです!

ぜひごらんください。

 


デザインのひきだし28ーもじのひとー

『デザインのひきだし28』(グラフィック社)がいよいよ発売です!

本づくりに携わるすべての人に刺激を与える大特集「造本とブックデザインと。」

連載「もじのひと」では、

NHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」の監修にも携わっていらっしゃる

『暮しの手帖』元編集者、小榑雅章さんが登場します!

 

「とと姉ちゃん」のモデルになった大橋鎭子氏、

そして『暮しの手帖』のクリエイティブをつくりあげた花森安治氏とともに

長年にわたって雑誌づくりをされていた小榑さん。

 

今回のインタビューでは、花森氏の急逝によって

偉大な「もじのひと」を失った直後の

編集室に交錯する様々な思いについて、

貴重なお話を伺っています。

 

読んでいただくと「とと姉ちゃん」の今後の展開がより深く楽しめるかも?

 

ぜひごらんください!

 

デザインのひきだし28


「type.center」その字にさせてよ【14】

type.center】にて連載中のコラム、
その字にさせてよ」第14回目を更新しました。
今回は現役書店員6名のロングインタビュー集、
木村俊介さんの『善き書店員』(ミシマ社)をご紹介しています。
私にとっては、文字からいろんなものを感じるのは
小さいころから当たり前のことなのですが、
どうやらみんながそんなふうに本を読んでいるわけではないらしく。
ロバって…怒られないかなとドキドキしながら書きました(笑)
本というモノのありかた、
読書についても色々と考えさせてくれる本です。
ぜひごらんください。

阿佐ヶ谷美術専門学校で特別授業をさせていただきました

今日は阿佐ヶ谷美術専門学校で特別授業をさせていただきました!
小説やマンガなど様々な例をとりあげて、
書体が言葉の受容に与える影響についてのお話。

実際にテキストを読み比べたり、
人気マンガのセリフを違う書体で見比べて
印象の違いについて話し合ったり、
限られた時間ではありましたが、
学生のみなさんが積極的に参加してくださって嬉しかったです。
ありがとうございました。

他にどのような授業をされているのかも
先生方に色々と伺ったのですが、
デザインソフトのスキルだけでなく
文字や書体についても重視されていて、
とても贅沢な環境はうらやましい限り。
言葉を大切にするデザイナーさんになって、
おいしい文字を届けてくれることを願っています。

「type.center」その字にさせてよ【13】

type.center】にて連載中のコラム、
その字にさせてよ」第13回目を更新しました!
今回は10年のときをこえて復刊された名著、
糸井重里さんの『インターネット的』文庫版(PHP文庫)です。
ぜひごらんください。

「type.center」その字にさせてよ【12】

type.center】にて連載中のコラム、
その字にさせてよ」第12回目を更新しました。
今回の「文字だけの装丁」本は、フランスの小説家、アンヌ・ガレタの
『スフィンクス』(新潮社)です。
あれ? 文字だけ…じゃないような?(笑)
ヴェンダースの帯も気に入っていたので
そのまま載せてしまいました(ご愛嬌ということで)^^
 


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>

selected entries

categories

archives

others