Happy New Year 2013

〈文字の食卓〉を読んでくださっているみなさま、

あけましておめでとうございます。


昨年は、このサイトを続けられたことももちろんですが、

たくさんの方々とご縁がつながった、

とてもうれしい一年になりました。


そうしてお会いした中には、

デザインや出版関係の方も多かったのですが、

いちばんよく言われたのは、

「(デザイナーじゃないのに)書体を見分けているなんてすごい」

ということ。


びっくりしたのは私の方です。


読者には見分けられないと思っているのなら、

どうしてこんなにもたくさんの書体が世の中にあふれているんだろう??


その中からどうやって書体を選んでいるんだろう?


そして、そのたびに、心のなかで、

少し申し訳ないような、

その言葉を言わせてしまったのは、

他でもない自分自身のような気持ちになりました。


職人がいい家具をつくりたいと思っても、

どんなに技術をみがいても、

その家具で生活したいと思うひとがいなければ始まらないと思うのです。


今は100円ショップでもそこそこのお皿を買える時代だけど、

長く愛着を持てる良い器で食事をする方が気持ちいいし、

同じ料理だってずっとおいしく感じるはず。


それと同じように、

おいしい文字を読みたい読者は、きっといるはずなのに、

その欲求に気づいていないとしたらとてももったいないことだと思います。


私は、ふつうのひとが「おいしい文字のある暮し」を大切にするようになってほしい。

誰にでもわかる言葉で、価値を見いだすことをやっていきたい。

自分がおいしい文字を読み続けたいから、そうしたい。


2013年の抱負といえるのかどうかわかりませんが、

みなさまとの出会いのおかげでそんなことを考えた年末でした。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。



たまには年越しを賑やかに過ごそうということで、

横浜でカウントダウンしてきました。

「除夜の鐘」ならぬ「除夜の汽笛」を聞きましたよ。



大晦日の中華街は爆竹や獅子舞で深夜もお祭り状態。

すごい迫力でしたー



関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

others