花火の文字

8月17日、大阪DTP勉強部屋の夏休みイベントに参加してまいりました。

本当に盛りだくさんの勉強会で、貴重な時間をもらえることも恐縮だったのですが、

私もサイトを始めてから感じたことをお話したり、

いくつか質問をさせていただいたりしました。

私の不躾な質問(妄想?)にも言葉を尽くして答えてくださった先生方、

ありがとうございました。


もうひとつ、楽しみにしていたのが

組み継ぎ本をつくるワークショップ。


神戸芸術工科大学で組版デザイン論を担当されている

前田年昭さん考案の「組み継ぎ本」とは、

ホッチキスも糊もテープも使わずに、

製本ができるというすぐれもの。

しかも、どこの頁も180度開くことができるんです。


ワークショップの目的は、

実際につくってみることで

組み継ぎ本の発想や原理を理解することですが、

せっかくなら中身があったほうが楽しいよねということで、

筑紫書体のイメージに合わせてつくった

「花火の文字」というショートストーリーを書かせていただきました。


大阪DTP勉強部屋の宮地さん、大石さんのお力で

組版を仕上げていただいただけでなく、

なんと女優さんでもいらっしゃるという

結城しおりさんに朗読していただきました。


ほとんど初見であったにもかかわらず、

台詞の速さや声音をイメージ通りに表現してくださって、

ああ、書体はほんとに文章の読解を助けてくれるものなんだな、

というのを改めて実感しました。

大阪のみなさま、ありがとうございます!


私も自分の分は自分で作りました。

想像を絶する不器用なので心配だったんですが

思っていた以上に楽しかった!

人間の手って偉大ですね。



「花火の文字」は限定版のため、サイトでの公開は予定していません。

見てみたいな、組み継ぎ本つくってみたいなっていう方は

大阪DTP勉強部屋のサイトやツイッターをチェックしてみてくださいね。



関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

others