「デザインのひきだし26」ーもじのひとー

『デザインのひきだし26』がいよいよ発売!
連載中のインタビュー「もじのひと」

今回は、あの岩波書店に行ってきました!

テーマは「翻訳絵本の文字」です。

本に出合って間もない子どもが、

初めて文字との接点をもつ絵本の世界。

その歴史をたどってみると、

昔も今も、変わらず本づくりに寄り添う「もじのひと」がいました。

子どもたちをとりまく文化や言葉が大きく変化する中で、

翻訳絵本の文字と
どのように向き合っていらっしゃるのか、

児童書編集部の愛宕裕子さん、宮村愛子さんのお二人に
貴重なお話を聞かせていただきました。

​ぜひごらんください!

デザインのひきだし26

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

others