「type.center」その字にさせてよ【12】

type.center】にて連載中のコラム、
その字にさせてよ」第12回目を更新しました。
今回の「文字だけの装丁」本は、フランスの小説家、アンヌ・ガレタの
『スフィンクス』(新潮社)です。
あれ? 文字だけ…じゃないような?(笑)
ヴェンダースの帯も気に入っていたので
そのまま載せてしまいました(ご愛嬌ということで)^^
 

「type.center」その字にさせてよ【11】

「文字をつかう人」と「文字をつくる人」に向けて
さまざまな情報をお届けしている
【type.center】にて連載中のコラム、
その字にさせてよ」を更新しました。
文字だけの装丁を味わう、
すこし変わった読書感想文のような
つもりで書いています。


第11回目の今回は、吉田修一『悪人』(朝日新聞社)。
映画化も話題になったので
ご存じの方も多いのではないでしょうか。





装丁は町口覚さん。
ちょうどこのコラムの原稿を書き終わった翌日に、
大学の写真史の授業で
町口さんがアートディレクションをつとめた
写真集『JAZZ GIANTS 1961-2013』を見る機会があり、
うれしい偶然を感じました。

 

デザインのひきだし27ーもじのひとー

こつこつこつこつこつこつ表紙の刺繍をしているらしいと
噂に聞いていた『デザインのひきだし27』
全貌がついに明らかに!
今回(の厚さ)も、すごいことになっています。

 

その名も「現代・印刷美術大全」!
各印刷加工会社自慢の印刷物を100枚以上綴じ込んだ、
完全保存版の実物印刷見本帳です。

 

大反響で発売間もなくすでに品切れが続出しているそう。
もし書店で見かけたら迷わず手に入れてくださいね。

 

サンプルを見ているだけでうっとり……
になりますが、実は読みごたえもたっぷり。
私が書かせていただいた記事も掲載されています!
今回は、タンタンシリーズの文字を手がけたことで
有名な大川おさむさんにお話を伺いました。

 

私の中では、岩波書店の翻訳絵本について
取材させていただいた前号を「前編」とすると
今回は「後編」になっていて、
テーマは「絵本の文字の作り方」。

 

いまから約40年前、「こぐまのたろの絵本」シリーズのために
つくられたオリジナルの写植書体、
その名も「たろ」の誕生の秘密に迫っております。
ぜひ、ごらんください!

 

デザインのひきだし27


「type.center」その字にさせてよ【10】

お知らせです。
 
type.center】にて連載中のコラム「その字にさせてよ」更新しました。
 
「文字だけの装丁」を味わう連載もいよいよ第10回目!
今回は南伸坊さんの『顔』(筑摩書房)。
昔から大好きな一冊です。
ぜひごらんください。

「type.center」その字にさせてよ【9】

お知らせです。
 

type.center】にて連載中のコラム「その字にさせてよ」更新しました。
 

「文字だけの装丁」を味わう連載第9回目は、
アドラーブームの火付け役となったといわれるベストセラー、

岸見一郎/古賀史健『嫌われる勇気-自己啓発の源流「アドラー」の教え』(ダイヤモンド社)。
嫌よ嫌よも好きのうち?
年末年始の読書にオススメの一冊です。

ぜひごらんください。 


「type.center」その字にさせてよ【8】

お知らせです。
 

type.center】にて連載中のコラム「その字にさせてよ」更新しました。
 

今回とりあげる「文字だけの装丁」本は、

松長絵菜さんの『スプーンとフォーク』(女子栄養大学出版部)です。
本格的に寒くなってきたこの季節にピッタリなレシピブック。

ぜひごらんください。 


「デザインのひきだし26」ーもじのひとー

『デザインのひきだし26』がいよいよ発売!
連載中のインタビュー「もじのひと」

今回は、あの岩波書店に行ってきました!

テーマは「翻訳絵本の文字」です。

本に出合って間もない子どもが、

初めて文字との接点をもつ絵本の世界。

その歴史をたどってみると、

昔も今も、変わらず本づくりに寄り添う「もじのひと」がいました。

子どもたちをとりまく文化や言葉が大きく変化する中で、

翻訳絵本の文字と
どのように向き合っていらっしゃるのか、

児童書編集部の愛宕裕子さん、宮村愛子さんのお二人に
貴重なお話を聞かせていただきました。

​ぜひごらんください!

デザインのひきだし26

「type.center」その字にさせてよ【7】

お知らせです。
 

type.center】にて連載中のコラム「その字にさせてよ」更新しました。
 

今回とりあげる「文字だけの装丁」本は、

田口ランディ『オカルト』(メディアファクトリー)です。

ぜひごらんください。 


「type.center」その字にさせてよ【6】

お知らせです。

type.center】にて連載中のコラム「その字にさせてよ」更新しました。

今月のテーマは、最新刊『職業としての小説家』も話題の

村上春樹『ノルウェイの森』(講談社)です!

読んだことがある人も、もう一度読み返したくなりますよ。

ぜひごらんください。


moji moji Party No.10 写植のおもてなし

イベントのご紹介。

雑誌「東京人」掲載の
『写植の時代が教えてくれること』のルポでも取材させていただいた

文字をテーマにした展覧会「moji moji Party」

が、今回は「写植と和紙の世界観」と題して

2015年10月17日(土)〜25日(日)の期間中(※19日(月)休み)に開催されます!

moji moji Party No.10 写植のおもてなし

日時
2015年10月17日(土)〜25日(日)※19日(月)休み

11時〜20時(15時よりティータイム 18時よりナイトタイム)

場所

ギャラリー華音留

〒1130031 東京都文京区根津2-22-4 1F

(企画・主催 株式会社文字道)

写植が好きな方、ご興味のある方はぜひ、

この機会に本物に触れてみてください!



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

categories

archives

others