「+DESIGNING」vol.38

9月27日発売の「+DESIGNING」vol.38「文字と組版」特集にて、

ブックデザイナーの祖父江慎さんに

「文字の味、書体の記憶」というテーマでお話を伺いました。

デザイナーの方必携、

実践的な内容もりだくさんの一冊ですが、

ここのページはなんといいましょうか、

ゆるふわとしたアプローチで(笑)

祖父江さんの語彙や発想の豊かさ、
本づくりとの真摯な向き合い方を

少し違った一面から感じていただける記事になったと思います。

岩波書店の漱石プロジェクト

「心」の書体についても触れてくださっていますよ!

「文字と私」にもエッセイを寄稿しています。

どうぞよろしくお願いします。
 


「早稲田文学」2014年秋号ーことばの庭ー

お知らせです。

8月7日発売の「早稲田文学」2014年秋号に寄稿させていただきました!

掲載していただいたのは

新企画「text review ことばの庭」。

書評というとふつう、書籍になった作品を対象にしますが、

書籍や雑誌に発表された作品だけでなく、

新聞やブログやツイッター等々も含め、

あらゆる「テキスト」を対象にしたレビュー。

その第一弾として、

伝統ある文芸誌では前代未聞⁈ 

なんとマンガの「黒ベタ白ヌキ」文字について書いています。

タイトルは「文字の平坦な戦場」。

ぜひごらんください! 

 

「考える人」2014年夏号

お知らせです。

今月発売の「考える人」文庫特集にエッセイを書きました!

タイトルは「目においしい書体味くらべ」

装丁の話ではあまり語られることのない、
文庫の本文書体について書いています。

本当に、本当に興味深い特集なので、ぜひご覧ください! 

 


Moji moji Party(6/24〜29)

早いものでもう6月ですね。
今月末、Moji moji Party No.7にて、

書体デザイナー今田欣一さんの個展が開催されます!

文字道の伊藤義博さん主催の「Moji moji Party」は

朝日新聞夕刊等にも記事が掲載されて話題となった展覧会です。

今回は写植機の印字体験はお休みだそうですが、

今田さんが手がけられた

貴重な写植書体の印字も見ることができるそうです。行かなくては!

今田欣一の書体設計 活版・写植・DTP

日時

2014年6月24日(火)〜29日(日)

正午〜午後7時(最終日午後5時)

場所

ギャラリー華音留(かおる)

〒113-0031 東京都文京区根津2-22-4 1F

展示に関連して、今田欣一さんのトークショーも

ギャラリー近くの「不忍通りふれあい館」で行われます。

■日時:6月28日(土)14:00〜16:00

■参加費:1500円

■定員:30名 ※先着順で30名の定員になり次第締め切ります。

申込先:文字道 

Tel: 090-4963-0599

E-mail: info@mojido.com


朝日カルチャーセンター講座のお知らせ

お知らせです。

8月30日(土)に朝日カルチャーセンター新宿教室にて、

講座を行うことになりました!

読書好きのための書体の味わい方

というタイトルで一日限りの講座です。

私はこれまでずっと、

このサイトや本の中で、

「文字の印象」について書いてきましたが、

いつもいちばん大切にしてきたのは、

書体を名前や形で見るのではなく、

「記憶」でとらえるということでした。

文字は情報を伝える「記号」や「データ」であるということ以外に、

私たちの目に映る世界をかたちづくっている

風景の一部でもあると思ったからです。

そんな目で文字を眺めてみると、
今まで気づかなかった自分自身の感性に気づいたり、
日本語の豊かさ、おもしろさを改めて認識するきっかけになります。
 

今回の講座では、

近代文学からマンガまで、さまざまな本の事例をご紹介しながら、

普段あまり意識することのない書体の不思議や、

私たちの身近にある活字はどのような変化を遂げてきたのか、

それによって「言葉」はどのような影響を受けてきたのかということまで見ていく予定です。

ちょっと懐かしいもの、味わいのあるもの、

そしておいしいものが大好きな方には

きっと共感していただくことが多い内容になると思っております!

みなさま、ぜひお気軽にご参加くださいね。

「読書好きのための書体の味わい方」

【日程】8/30(土)

【時間】15:15〜16:45(90分)

【場所】朝日カルチャーセンター新宿教室 →MAP

JR・小田急線・京王線・東京メトロ丸の内線の新宿駅より徒歩約8分

東京メトロ丸の内線西新宿駅より徒歩約5分

都営地下鉄大江戸線都庁前駅A6出口直結

【受講料】会員 3,024円、一般 3,672円

詳細、お申込みは→こちら


新聞にインタビュー記事が掲載されました

共同通信社の新聞企画「時の人」で、

文字食のインタビュー記事が配信されました。

5/22付の東京新聞をはじめ、

京都、宮崎、愛媛、徳島、高知、佐賀、福井、
沖縄タイムス、神戸新聞、信濃毎日新聞、
北國新聞、西日本新聞、南日本新聞、日本海新聞、
などなどにも掲載していただいたそうです。

新聞の取材ということで

最初はかなり緊張していたのですが、

写真はなぜか大笑いしていて恥ずかしい…。すみません。

でもこうして活動を取り上げてくださって、すごくうれしいです。

おひとりでも多くの方に、

「活字」の価値や魅力を知っていただくきっかけになれば幸いです。

取材してくださった共同通信社記者の濱口さん、ありがとうございます。

すこしでもいい記事になるようにと、

インタビューの後日、お忙しい中トークイベントを見に来てくださったこと、

とても励みになりました。

全国の文字食さんを発見できるようにがんばります(^^)


 

ことしもよい文字熟してます― 文字塾展 ―(5/11〜17)

お知らせです。

書体設計士の鳥海 修さんが主催する

「文字塾」の塾生13名がつくり上げた

和文書体が展示される「文字塾展」が

本日、5月11日(日)から17日(土)まで、

人形町ヴィジョンズで開催されます。

なんと今回、私もこの展示に特別参加しております!

といってももちろん書体を作ったのではなく、

展示される書体それぞれに、文章を寄せさせていただきました。

「文字の表情に引き寄せられて、めぐりあう言葉もきっとある」

が信条の文字食が、

初めて目にする書体からどんな記憶を読んだのか。

一つひとつは、

とてもささやかで

身勝手な感想ではありますが、

本当に楽しく書かせていただきました。

ぜひ味わいにいらしてください。

ことしもよい文字熟してます ― 文字塾展 ―

5月11日(日)には、
「新文字、甘いかしょっぱいか」と題して

のトークイベントも行われます!

きっと白熱した議論が展開される…はず??

こちらもどうぞよろしくお願いいたします!


「ダ・ヴィンチ2014年5月号」で紹介されました

「ダ・ヴィンチ2014年5月号」にて、
俳人の佐藤文香さんが
『本を読む人のための書体入門』の書評を寄せてくださいました!
ありがとうございます!


いまほんランキング

NHKで放映されている
「いまほんランキング」という
今注目の書籍を紹介するコーナーで
『本を読む人のための書体入門』(星海社新書)を取り上げていただきました!
このサイトも、そして著者も(恥ずかしながら)ちょこっと出演しています!
本が好きな方なら誰でも気軽に楽しんで読んでもらえることを
丁寧に伝えてくださっている、素敵な内容でした。
インタビューしてくださった制作スタッフのみなさま、
本当にありがとうございました。


こどもの本4月号

雑誌掲載のお知らせです。
日本児童図書出版協会発行の月刊誌「こどもの本」
今月発売の4月号に「心にのこる一冊」というテーマでエッセイを寄稿しています!

書体の話ではありませんが、
大好きな本の思い出を書かせていただきました。
ぜひごらんください。



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

others